default_mobilelogo
オープンキャンパス
卒業生からのメッセージ
  •  
    第26回生 住友 將一
    住友 將一

     本校を卒業後、歯科医院で勤めた後、鶴見大学歯学部技工研修科へ進み、その後オーストラリアへ渡りました。

  •  
    3年制課程 第5回生
    左より 河野 真子、福永 真依

    私たちは、この学院を卒業して、現在は夢をかなえ歯科衛生士の仕事をしています。就職の相談も、卒業した後もサポートをしてもらえます。歯科医師会のバックアップがあり、都合に合うパート等の短時間の仕事の紹介等も受けられます。

  •  
    歯科衛生士科9回生
    大寺 伽耶

     専門学校での3年間は、長いようで短くあっという間に過ぎました。専門用語がたくさん出てくる講義や、2年・3年次の長い臨地・臨床実習など、大変なことはたくさんありましたが、仲間たちと支え合い、共に成長し、無事に乗り越えて卒業を迎えました。

  •  
    歯科技工士科42回生
    佐野 えりな

     物を作る仕事がしたいと考えており、人の役に立つ物と考えたとき、食事に関わる歯を作る歯科技工がしたいと思い入学しました。

 

sumitomo-s

第26回生 住友 將一
-Masakazu Sumitomo-

 本校を卒業後、歯科医院で勤めた後、鶴見大学歯学部技工研修科へ進み、その後オーストラリアへ渡り約8年間セラミストとして働きました。そして現在は教員として鶴見大学に勤め、海外での経験を活かし、世界で通用できる技工士を育てられるように日々努めています。
 
 
kawano-s

3年制課程 第5回生 河野 真子
-Mako Kawano-

  地元の歯科医院に勤務しています。本院では、年齢を問わずさまざまな患者さんが来られます。乳児健診や往診などにも同行させていただき、大変勉強になっています。先輩スタッフが優しくご指導くださるので、チームワークも良く、それにより一人一人の患者さんへの対応もしっかりできていると感じています。これからも色々なことを学んでいき、技術を習得していきたいと思います。

3年制課程 第3回生 福永 真依
-Mai Fukunaga-

 後輩ができ、自らのスキルアップと共に、後輩への指導も大切な業務になりました。経験を重ね、患者さんの笑顔とお口の健康を守る歯科衛生士の仕事にとてもやりがいを感じています。院長先生はじめスタッフ間のコミュニケーションもよく、今以上に地域に貢献できるよう、皆で協力し取り組んでいきたいと思います。
 
 

okada s

歯科衛生士科9回生(29年3月卒業)大寺 伽耶
-Kaya Otera-

 専門学校での3年間は、長いようで短くあっという間に過ぎました。専門用語がたくさん出てくる講義や、2年・3年次の長い臨地・臨床実習など、大変なことはたくさんありましたが、仲間たちと支え合い、共に成長し、無事に乗り越えて卒業を迎えました。
学校では、高齢者の口腔ケア実習が行える『マナボット』というおばあちゃんのロボットや、最新の器械を使い、より専門的な充実した授業を受けられます。そこで得た知識や実習先で学んだ技術を活かし、これからは患者様に寄り添い、頼りになる素敵な歯科衛生士を目指して頑張っていきたいです。そして、いつまでもご自分の歯で、元気に楽しく笑顔あふれる毎日を過ごせるように、少しでもお役に立てるようになりたいです。
 
 

sano-s

歯科技工士科42回生(29年3月卒業) 佐野 えりな
-Erina Sano-

  物を作る仕事がしたいと考えており、人の役に立つ物と考えたとき、食事に関わる歯を作る歯科技工がしたいと思い入学しました。歯科技工について学ぶうちに、自分で作った物が患者様の口の中に入り、機能しているところまで確認したいと思ったため、就職先は歯科医院を志望しました。
将来は、学校で学んだことを基礎に、デジタルによる技工で安心・安全な歯科医療の提供に貢献できるようになりたいです。そして、スタッフの方々とコミュニケーションをとり、患者様の役に立つ技工物を作り、一人でも多くの患者様を笑顔にして、健康の支えになれる歯科技工士になりたいです。そのために、日々進歩していく歯科技工に対して、常に探求心を持って取り組んでいきたいです。